沿革

image1
創業者 西田惣次郎
image2
当時の商品
image3
作業風景
image4
西田染工 社屋
IMG_1250
現在の作業風景
IMG_1250<class=”leftimagelist” alt=”” />
<class=”leftimagelist” alt=”” />

昭和8年(1933年)

初代 西田惣次郎が京都市山科区音羽役出町にて創業 当時はのぼりなどを広幅の注染加工を行っていた

昭和17年(1937年)

第二次世界大戦勃発により染色機械類の供出 加工不可能になり休業をよぎなくされる

昭和20年(1940年)

第二次世界大戦終結 敗戦後の日本で西田惣次郎は一念発起し、事業再開する 京都市下京区前田町にて 機械類はないので手染め屋としての再スタートとなる

昭和28年(1948年)

京都市下京区中堂寺庄ノ内町に移転 その後同土地を取得し本籍地とする

昭和33年(1953年)

二代目となる西田寛入社 その後は生産効率改善のため乾燥室やボイラー、蒸し機、洗濯機等の設備投資を重ねていく

昭和48年(1973年)

日本ではまだ新しい反応性染料を使った大型スクリーン捺染を始め、半纏などの加工を始める

昭和52年(1977年)

初代 西田惣次郎 夭折 同時に二代目 西田寛が会社を継承 (有)西田惣染工場を設立する

昭和57年(1982年)

工場を鉄骨3階建に改築工事スタートする

昭和59年(1984年)

(有)西田惣染工場 新社屋 竣工 完成する

昭和62年(1987年)

㈱西田惣染工場 設立(有)西田惣染工場は(有)染惣と変名

平成12年(2000)

菅田町の十条工場横に新社屋竣工 本社機能を移設し南区菅田町一括で再スタート

平成15年(2003)

大型インクジェット製版システム導入 写真型の製版を自社加工スタートとほぼ同時にCCMでの色合わせなども導入

平成16年(2004)

昇華転写用大型プリンター・平版プレス機・輪転機等導入 両面の昇華転写の加工をスタートする

平成22年(2010)

三代目を西田明子が事業継承する 二代目西田寛は会長に就任

平成27年(2015)

反応性染料を使ったベルト搬送式大型インクジェットプリンター導入 それに伴い

オート捺染機周りの動線改良と事務所を1階に配置し検品・発送と受注窓口を一箇所に集約する 等

顧客対応により迅速に対応できるように改装する

平成28年(2016)

オート機械捺染機のマグネットスキージ加工場箇所を追加する工事を行う

DLE (ダイレクト紫外線照射型製版システム)導入 製版効率30%~40%向上させる

平成29年(2017)

工場長 大橋洋平 が 取締役へ昇進する

家業から企業へ 会社のグランドデザインを変革する

 

Our Company

Our Company

Our Services

Our Services
ページ上部へ戻る