honzome2

本染めとはいわゆる”染め”のことを指しており、染料を使用し昔ながらに培ってきたノウハウで生地を染めることを指しております。

本染めの工法として①機械捺染(きかいなっせん)、②手捺染(てなっせん)③型糊引染(かたのりひきぞめ)の三つをご用意しております。

※本染めについての詳しい説明はこちら

some1

some2

some3

1.機械捺染(きかいなっせん)

ポリエステル、アクリル、綿生地など凹凸の少ない生地を両面染め抜きます。
数量はどんな商品でも1枚から染めます。
※片面染め・両面染め

加工生地 ポリエステル100%、アクリル100%、綿100%
最大仕上がりサイズ 140cm巾×350cm ※生地の種類(生地巾)にもよります

 

2.手捺染(てなっせん)

スクリーン型とスキージングによる捺染です。
上記の機械では染め抜けない細かい柄や白地の凹凸のある生地を染めます。

加工生地 ポリエステル100%、アクリル100%、綿100%
最大仕上がりサイズ 応相談

3.型糊引染(かたのりひきぞめ)

厚手や凹凸のある生地を長尺で染める事が出来ます。
糊(のり)置きをした生地を左右から引っ張り、刷毛(はけ)で染めていきます。
主に製作する商品は神社の奉納幕、大のぼり、横幕、暖簾、日除け幕、機械捺染では染めることの出来ない大きさの商品などです。一番時間がかかる染色方法ですが、本染ならではの色の深みは他とは比べ物になりません。

加工生地 ポリエステル100%、アクリル100%、綿100%、麻100%
最大仕上がりサイズ 140cm巾×22m ※生地の種類(生地巾)にもよります

デジタル染色→

前処理・後加工(共通)→

取り扱い素材→

Our Company

Our Company

Our Services

Our Services
ページ上部へ戻る