ブログ

紅葉と製作暖簾

 

11月に入り寒さも身に染みてくる季節になってきました。

今年も京都の紅葉は今月中旬からが見頃の様です。

田舎から親戚が紅葉見物に来るということで張り切って「嵯峨野トロッコ列車」を予約しようと試みましたが、

im_main

出展:http://find-travel.jp/article/2721

11月下旬はもうほぼほぼ満席の状態でした…。

京都の紅葉をかなり侮っていたようです。

しかし、タイミングよく紅葉の名所をめぐるツアーを発見したのでそちらに参加してみようと思います。

普段はなかな訪れないお寺も含まれているので今から楽しみです。

 

 

前置きが長くなってしまいましたが、本日は製作した暖簾のご紹介です。

 

以前のホームページを見て暖簾を作りたいとご連絡いただき納品させていただきました。

IMG_5307

 

 

生地:ポリエステル 麻風スラブ

染色方法:片面転写

 

 

 

京都の伏見区深草で9月末からお魚料理をメインでお店をオープンされています。

ランチでも営業されている曜日があるそうです。(肝心な何曜日かは忘れてしまいました…)

左下の柄は何かお分かりでしょうか?

こちらは縁起物とされる「鯛の鯛」とも呼ばれる鯛の骨だそうです。

お魚料理屋さんらしい暖簾の柄ですね。

とと河岸様、ご注文いただきありがとうございました。

近いうちに一度お店にお邪魔して、入り口にかかった暖簾と料理を撮影させてください!

 

 

~shop info~

京都市伏見区深草飯食町839-1 エステート21 101

TEL 075-642-1811

とと河岸 様

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2019年3月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Our Services

暖簾・日よけ幕
旗・横幕のお問合せ
奉納幕のお問合せ
ページ上部へ戻る