京都の染めもん屋 そめたろ

 京都の西田惣染工場は、「お誂(あつら)え商品」の染色工場として一九三三年に京都で創業しました。お客様の大切なロゴをお預かりして、旗、幕、暖簾、のぼり、法被などのオーダーメイドで、印染めの製造をしてまいりました。以来、独自に深化した両面染めや、最新技術を生かした転写システムなど小ロット多品種、一貫生産の対応を得意としています。
 「親切・丁寧・温故知新」をモットーに、お客様の様々なご要望に細やかにお応えする、こだわりの職人集団です。

経営理念

一、私たちは質の高い商品とサービスを持って社会の信頼にこたえ、色彩文化の創造を通して社会の発展に貢献します。

一、お客様を第一と考えて常に革新を進め、未来への限りなき挑戦をします。

一、人間性を尊重して社員一人一人の個性を大切にし、その成長と自由闊達な会社を築きます。

一、科学性を重視し、合理性、先進性、独自性をもって常に進取の経営を行います。


企業情報

社名:株式会社 西田惣染工場
代表者名:西田 明子
本社:〒601-8102 京都市南区上鳥羽菅田町67
工場:〒601-8102 京都市南区上鳥羽菅田町67
資本金:1000万円
創立:1933年(昭和8年)
取引銀行
京都銀行 西七条支店
京都信用金庫 十条支店
三井住友銀行 京都支店
電話番号:075-662-1822
FAX番号:075-662-1855
E-mail:nisidaso@sometaro.co.jp

設備:
・自動捺染機・高圧蒸熱機・連続高温スチーマー
・前処理機(ケミカルパッダー)
・大型フィルムレス写真型製版機(DLE)
・カッティングプロッター
・CCM(コンピューターカラーマッチングシステム)
・スキージ研磨機
・大型スキージ洗浄機・自動型枠洗い機
・縫製ミシン各種数台
・インクジェットフルカラープリンター(転写用)数台
・大型ベルト搬送式インクジェットプリンター(TX500)1600mm幅
・大型フラットプレス熱転写機1500mm×3000mm
・ロールヒートプレス機1600mm幅
・他数種

JR京都駅から
タクシーで15分、近鉄奈良線に乗り越えて十条駅下車徒歩10分、
十条大宮の交差点より大宮通を南下、はじめの信号を西へ右折、
Gori's Kitchenさんとシャープさんの間です(お天気なら旗がたっています) 。

お車で
京都南インターより京都方面へ15分程度

西田惣染工場 4つの強み

1

「独自に深化した両面染め」

戦後間もない頃から始めた刷毛染(はけぞ)めから、オート捺染機械や最近の昇華転写システムまで、すべて旗や幕としてご使用いただけるよう、両面染めをするために特別な工夫や設計を施した工場設備になっています。両面染めのクオリティは国内トップレベルと言えます。

2

「小ロット、1枚からの個別対応」

私たちの作る旗や幕、暖簾やのぼりは「小ロット多品種生産」の場合が多く、納期もタイトで品質には特に気を遣います。
一枚一枚の個別対応が当たり前の工場なので、生地や染料やデザイン等、すべて違う条件の商品を心を込めて丁寧に染め上げています。

3

「入口から出口までの一貫生産」

西田惣染工場では、ほとんどの商品がワンストップでの生産が可能です。
京都の染工場は、下絵(デザイン)は下絵屋、染めは染屋、蒸しは蒸し屋とひとつの商品を複数の工場に、はしご渡しをしながら完成させるのが一般的です。今でもその様な方法をとる染工場は沢山ありますが、当社の場合は「極端な小ロット」「厳しい納期」「品質への深いこだわり」という理由から、染めた後の工程である「蒸し・水洗や整理加工」などをお願いする外注加工先には敬遠されがちです。そのため、何でも自前で出来るように、設備投資と技術革新の連続で今のような自社一貫生産になりました。最終加工である縫製・仕上げまで責任をもって生産し出荷しています。

4

「色合わせの匠がいる工場」

本染めが主力の染工場で生まれた昇華転写捺染の両面染めは、本染めの優れた染色性を追いかける宿命にありました。
商品化してから十数年の試行錯誤を経て、現在は昇華転写での色合わせの感性と技術力は日本一高いと評価を頂いております。また彩度の高いブルーなど、昇華転写では苦手な色も、当社ではそのハードルを克服するための特別なインクを搭載したプリンターも用意しており、他社では難しい表現も可能です。
本染めの色合わせにおいては、色糊作りまで丁寧にデータ化してリピートオーダーにもすばやく対応できる仕組みがあります。お客様の満足と納得のいく一枚のために、色に対するこだわりの職人が日進月歩、その技術を高めております。

「親切日本一の工場を目指して」

今後のさらなるサービス向上をめざして、このたび自社のサイトを刷新いたしました。
私たちは、お客様の満足のために、創業当時から技術革新と設備投資を繰り返してきました。三代目も創業当初からの気概を忘れず、古き良き染物を守り、さらに新しい価値の創造を目指し、果敢に挑戦してまいります。
「温故知新」の精神を基とし、真面目で実直に、お客様にとって最適な価値を追求する染工場として世に広く愛される企業を目指してまいります。皆様どうぞよろしくお願いいたします。

 

沿革


1933年京都にて創業

西田惣染工場の変化と革新の歴史

昭和8年(1933年)
初代 西田惣次郎が京都市山科区音羽役出町にて創業
当時はのぼりなどを広幅の注染加工を行っていた

昭和17年(1937年)
第二次世界大戦勃発により染色機械類の供出 加工不可能になり休業をよぎなくされる

昭和20年(1940年)
第二次世界大戦終結 敗戦後の日本で西田惣次郎は一念発起し事業再開する
京都市下京区前田町にて 機械類はないので手染め屋としての再スタートとなる

昭和28年(1948年)
京都市下京区中堂寺庄ノ内町に移転 その後同土地を取得し本籍地とする

昭和33年(1953年)
二代目となる西田寛入社
その後は生産効率改善のため乾燥室やボイラー、蒸し機、洗濯機等の設備投資を重ねていく

昭和48年(1973年)
日本ではまだ新しい反応性染料を使った大型スクリーン捺染を始め、半纏などの加工を始める

昭和52年(1977年)
初代 西田惣次郎 夭折 同時に二代目 西田寛が事業を継承 (有)西田惣染工場を設立する

昭和57年(1982年)
工場を鉄骨3階建に改築工事スタートする

昭和59年(1984年)
(有)西田惣染工場 新社屋竣工 完成する

昭和62年(1987年)
㈱西田惣染工場設立(有)西田惣染工場は(有)染惣と変名

平成12年(2000)
菅田町の十条工場横に新社屋竣工 本社機能を移設し南区菅田町一括で再スタート

平成15年(2003)
大型インクジェット製版システム導入
写真型の製版を自社加工スタートとほぼ同時にCCMでの色合わせなども導入

平成16年(2004)
昇華転写用大型プリンター・平版プレス機・輪転機等導入 両面の昇華転写の加工をスタートする

平成22年(2010)
三代目 西田明子が事業継承し、二代目 西田寛は会長に就任

平成27年(2015)
反応性染料を使ったベルト搬送式大型インクジェットプリンターを導入およびオート捺染機周りの
動線改良を実施、さらに事務所を1階に配置し検品・発送と受注窓口を一箇所に集約する等の迅速な
顧客対応を目的に改装

平成28年(2016)
オート機械捺染機のマグネットスキージ加工場箇所を追加する工事を実施
DLE (ダイレクト紫外線照射型製版システム)導入 製版効率30%~40%向上させる

平成29年(2017)
工場長 大橋洋平が取締役へ昇進
家業から企業へ、会社のグランドデザインの変革を実施

令和元年(2019.5)
ホームページをリニューアル

1

ゴミ資源の活用

私たちはゴミの分別を徹底して行い、一部のゴミはリサイクル燃料(RPF※)にして出来る限り環境への負荷を減らす取組みを行っています。
※RPFとは・・・ 
http://www.jrpf.gr.jp/rpf-1

2

電力使用量の削減

・私たちは屋上に太陽光発電システムを導入し、階下の作業スペースの気温上昇を−3度を保つことで、エアコンに係る電力を省力化するとともに2027年までには自社発電のエネルギーを使用したモノ作りをすることで、環境負荷を出来る限り抑えた製品作りに寄与します。
・私たちは常に電力の使用量を確認できる環境を整備し、社内情報共有を徹底することで過度な電力使用とならない工夫を日常的に取り組んでいます。

3

水資源使用量の削減に寄与する染色工法の採用

私たちは製造工法の一部に無水染色と言われる昇華転写捺染や少量の染料を使用したインクジェットプリンターを採用し、出来る限り水資源を汚さない染色に取り組んでいます。

4

ボイラーのガス化によるCO2削減計画

私たちは重油によるボイラー稼働をガス化することで、CO2排出量を18.3%以上削減します。(2025年末施工・稼働予定)

↑