ブログ

頂き物

こんにちは!

毎年の事ながらこの本格的に暖かくなるまでの時期に着る服に困りますね。

私は京都府外から通勤しているのですが、京都と地元との気温差が1~2℃あることもざらです。

朝・晩が冷える事を考えると中々春らしい格好に踏み切れませんが、来週末、関西ではいよいよ桜が見頃のようです。

去年は何だかんだでお花見に行けなかったので、今年はどこかに行ってこちらで紹介出来ればなぁと思っています。

 

Facebookでは2月に紹介がありましたが、現在弊社の玄関に鎮座している、こちらのご紹介をしたいと思います。

 

 

先述のFacebookにもある通り、会長の出身校である京都市立洛陽工業高等学校様よりお譲り頂きました。

藍染という染色方法はもちろん知識として知ってはいたのですが、実際に藍甕を見るのは初めてでした。

 

そして何より想像していたよりも甕が大きい…

当初少人数で引取りに行けると思っていたのですが重量がかなりあったのと年代物の割れ物ということで

ご覧の通り運搬・設置がかなり大変そうでした。

 

 

この藍甕の他に

手彫りの木版もお譲り頂きました。

こちらは筒状の木版です。360度全て柄が彫られています。

いったいどれ程の時間がかかったのでしょうか…

これら授業の一環で使用、製作されたのではないかなと察するのですが、

1886年の明治19年から染色について学ぶ事が出来た貴重な学校が統合し今年で無くなってしまう事は、

染色業に関わる身として少し寂しく思います。

 

木版はまだ展示出来ておりませんが、お見せする事は可能ですのでお気軽にお声掛け下さい!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2019年3月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Our Services

暖簾・日よけ幕
旗・横幕のお問合せ
奉納幕のお問合せ
ページ上部へ戻る